ホーム > 特集 > 川を調べてみよう > パックテストの測定のしかた

パックテストの測定のしかた

パックテストの測定のしかた
ビーカー1 ビーカー1 川の水がとれたら、パックテストの操作がしやすいように、水をきれいな紙コップなどに分ける。(分ける時には紙コップを少量のとった水でゆすぐ)
紙コップに直接水をとった場合はそのままでよい
ビーカー2 ビーカー1 パックテストで、各項目の測定をする。(パックテストの操作については、よく使用方法をよんでから行ってください。)
ビーカー3 ビーカー1 測定したら、測定結果を記録用紙に書き込む。記録用紙には、日付、時間、天気、気温、水温、その他気づいたことを記録しておく。
パックテスト使い方の注意事項!
その場でパックテストの測定ができない場合には水を持ち帰ってから測定します。
川の水の持ち帰りかた
調べに行こう!へもどる へもどる