ホーム > 特集 > 酸性雨を調べてみよう! > 2. 酸性雨の調べ方

2. 酸性雨の調べ方

酸性雨を調べよう!
酸性雨の調べ方
雨は、もともとは地表の水が蒸発してできた、不純物を含まない水のはずですが、酸性になっているといわれています。
降ってくる雨のpHをしらべてみましょう。
■測定項目 pH-BCG
■実験材料
①パックテスト
ZAK-BCG 測定範囲pH3.6~6.2

②試料
雨水をためておいて測定します。雨の採集のしかたは、イラスト参照。
取り方1 取り方2
①地上から30cm以上はなす ②1 x 1 m 以上のきれいなビニールシート

③器具
きれいな容器

●きれいな容器に雨をためます。
※要注意 容器の汚れは結果に大きな影響を与えます。
洗剤の残り、手指からの汚れが雨水にふれないように注意してください。

●屋根、樹木、地面からの跳ね返りの水を容器に入れないようにしてください。

●降り始めの雨、途中の雨、最後の雨など、時間経過の状況を把握しながら
測定する方法もありますが、この項では、一雨ごと(降り始めから止むまでを
1つの容器に雨をため込む)の測定方法を書いておきます。

●時間と雨の関係、あるいは雨量との関係、霧雨、豪雨、雪など雨の種類の関
係をしらべてみてもおもしろいと思います。

●雨水は、ポリビンに満タンに入れ、空気に触れないよう密閉すれば、冷暗所で
2~3ヶ月間保存できます。

●雨水をパックテストに吸い込んだばあい、その色のまま2~3日は保存できま
す。ポリ袋などに密閉して温度変化の少ない場所に保管してください。
■実 験

①試料を容器に半分以上入れて並べます。

②パックテストに吸い込みます。

③20秒後に比色します。

④記録用紙に結果を記録します。

パックテストの使い方などはこちらへ!
※吸込量によって色の濃さが変わります。
できるだけ試料を半分位吸い込んで下さい。
前のページへ 次のページへ