ホーム > サポート情報 > 使用上の注意

使用上の注意

1. 応急措置

内容物が目に入ったら
すぐに15分間以上、水で洗い流してください。痛みや異常が無くても直後に必ず眼科医の診断を受けてください。
内容物が皮膚や衣服にふれたら
すぐに水で洗い流してください。
内容物が口に入ってしまったら
すぐに水で口の中を洗い流してください。
内容物を飲み込んだり、上記の措置後に異常がある場合には、すぐに医師の診断を受けてください。
特に試薬を飲み込んだ場合には、水または牛乳を多量に飲み、すぐに医師の診断を受けてください。
試薬の詳細は外箱背面(または「外箱に記載」)の「GHSに基づく表示」をご参照ください。

2. 取扱いの注意

取扱い上の注意事項が、使用法、外箱、SDS(MSDS)に記載してあります。
よく読んでから使用してください。
製品によっては、強酸性や強アルカリ性のものがあります。
試薬や測定液は、目や皮膚に触れたりしないようにしてください。
特にチューブ内の粉末試薬は吸い込まないように注意をしてください。
児童・生徒が扱う場合は、事故防止のために必ず大人の指導のもとで使用してください。
子どもの手の届かないところ、乾冷暗所に保管してください。

3. 保管場所

試薬は、乾冷暗所に保管してください。
特に、酵素法原理のセットは40℃を超えて長時間経つと失活し、発色に時間がかかったり、発色しない場合があります。
その他、直射日光により劣化する液体試薬もありますので、使用法をよくご覧の上、保管をお願いします。
なお、海外への輸送は、高温・高湿が予想される船舶ではなく、航空機を推奨しています。

4. 廃棄方法

事業活動で使用する場合には、各関係法令に従って、適切に廃棄をしてください。
それ以外で使用する場合には、例えば、パックテストの測定液やポリビンに残った試薬などは、強酸性や強アルカリ性のものがあるので、そのまま紙にくるんで、燃やすゴミとしての廃棄も推奨いたします。
詳しくは、SDS(MSDS)にてご確認ください。
SDS(MSDS)は、こちらからご覧ください。
パックテストは、次のものが廃棄物となります。
  • 外箱(紙)
  • ラミネートフィルム(ポリエチレン、ポリエチレンテレフタレート、アルミニウム)
  • チューブ(ポリエチレン)
  • ライン(ナイロン)
  • 試薬(上記廃棄方法を参考にしてください。)
  • 標準色ケース(ポリエチレンテレフタレート)
  • 標準色(紙)
  • 使用法(紙)
以下が入っている製品では、これらも廃棄物となります。
  • 滴ビン 本体/チップ(ポリエチレン/ポリプロピレン)
  • 小パック(ポリエチレン)
  • ビン(ポリプロピレン)
  • チャック袋(ポリエチレン)
  • 専用カップ 本体/蓋(ポリスチレン/ポリエチレン)
  • 乾燥剤(紙/シリカゲル)
  • パックテスト保存袋(ポリエチレン、ポリエチレンテレフタレート、アルミニウム)

その他の製品について、詳細はお問い合わせください

5. 有効期限

種類によって異なりますが、製造日より半年から2年です。箱やラベルに有効期限が書いてありますので、ご確認の上、
お使いください。
期限が切れてしまったら・・・・・・
種類によって違いますが、たいていは期限を過ぎると発色に時間がかかったり、発色が弱くなることがあります。
必ず期限内に使用してください。
ラミネート袋を破いたら・・・・・・
ラミネート袋に入っている製品は、空気中に長時間放置しておくと、チューブ中の試薬が劣化して正常に発色しなく
なります。 特に、劣化しやすいパックテストには、保存袋が付属しています。
ラミネート袋を開けた後、未使用のチューブは乾燥剤と共にその中に入れて保存してください。
いずれにしても封を開けたら、早めに使用するようにしてください。