ホーム > 製品情報 > 製品一覧 > TOCアナライザー

TOCアナライザー

TOC(全有機炭素)を測定する試薬・付属品つきの測定機です。

酸化チタン(TiO2)共存下で、紫外線照射により検水中の有機物(有機炭素)を
酸化分解し、発生した二酸化炭素(CO2)を濁度として検出します。

事業所等における工程液の管理や、工場排水・同処理水の監視、下水放流水や
環境水のモニタリング、大学・試験研究機関等における各種試験研究等、
様々な用途に利用可能です。

また、別売試薬を使い、溶存無機炭素(IC)もわずか5分で測定できます。
デジタルクリンメジャー

装置概略図/測定原理

TOCアナライザー装置概略図/測定原理

操作例(TOC固定時間モード)

TOCアナライザーの測り方
製品名 TOCアナライザー
型式 TOC-UVA
測定方法 UV酸化分解・濁度検出方式
測定範囲 TOC 3.0 ~ 30.0 mg/L
IC(無機炭素量) 5.0 ~ 50.0 mg/L(試薬別売)
光源 27W 紫外線ランプ
TOC測定時間
(固定時間
モード)
通気5分 + 分解20分(推奨) + 冷却5分
(分解時間は15~40分で可変)
IC測定時間 通気のみで 5分
測定モード 3モードを搭載
 ・TOC固定時間モード
 ・TOC自動測定モード
 ・IC測定モード
推奨周辺
温度範囲
15 ~ 35℃
本体寸法 400L×180W×360H mm
電源 AC100-240V、50/60Hz、80VA
内容 TOCアナライザー本体 1台、TOC試薬セット
(各試薬40回測定分、10mLシリンジ2本)、
マイクロピペット 1本 (1-10mL可変、チップ3本付)、
吸収管セット 3組 (ノズル・本体接続チューブ付キャップ付属)、
吸収管蓋 3個、吸収管立て 1個、吸収管ノズル立て 1本、
ポリチューブ管 1本、検液調製ビン 3個、100mLポリビーカー 1個、
ルアー付チューブ 1個 (長さ約20cm)、
シリコンチューブ 1個 (長さ約1.5cm)、メモリカード 1枚、電源コード 1個、
取扱説明書 1冊
包装外形 約410L×300W×590H mm
梱包重量 約 9kg
価格 680,000円 (税別)

補充品

製品名 型式 入数 価格
TOC試薬セット TOC-R 40回分 8,400円(税別)
IC試薬セット TOC-IC-R 40回分 8,400円(税別)
吸収管 TOC-AT 1本 9,800円(税別)

測定モードについて

2つのTOC測定モードは以下のように使い分けできます。
  1. 固定時間モード (分解時間:初期設定 20分(推奨)、15~40分で任意に設定可)
    あらかじめ設定した分解時間で濁度を測定し、測定を完了するモードです。
    検水のTOC値が30mg/L以下の場合、大部分の実試料は分解時間20分以内で
    測定できます。
  2. 自動測定モード (分解時間:最長40分に設定済)
    分解時間10分以降の濁度を2分おきに測定し、有機物の分解・CO2の吸収が
    完了し、濁度がほぼ一定となった時点を自動的に判断し、測定を完了する
    モードです。 未知試料や高濃度試料の測定に有効です。

IC(無機炭素量)測定モードについて

IC試薬セット(別売)により、わずか5分の循環通気のみで、CO2の吸収による濁度から
IC値を測定できます。