ホーム > 製品情報> 製品一覧 > 流れ分析装置

流れ分析装置(フローインジェクション分析装置)

JIS K 0102 工場排水試験方法が改正され、JIS K 0170 流れ分析法による
水質試験方法が追加されました。
また、環境省の告示改正により、流れ分析法は、環境基準等の公定分析法と
なりました。

本製品は、流れ分析法の一つである、フローインジェクション分析(FIA)法を
採用した測定機です。送液ポンプや検出部などのFIAに必要な構成要素を
全て収めた、コンパクトな一体型装置となっています。

内蔵検量線から測定値を自動算出する機能を搭載することで、データ処理・
計算に掛かる手間が大幅に軽減され、FIA法が持つ、迅速で高感度、かつ
繰り返し精度の高い測定をより簡便に行なうことができます。

手分析と比較すると、必要な検水・試薬量は少量で、外部環境からの汚染の
可能性も低減されます。
また、反応・検出は、恒温槽内で行われますので安定した測定が可能です。

測定値は本体に200件保存可能です。同時にメモリカードにも保存されますので、
パソコンでのデータ管理も可能です。
デジタルパックテスト

測定概要

デジタルパックテストの測り方
送液ポンプ 流量可変小型ローラーポンプ(最大3流路)
検出部 吸光光度計(ダブルビームシングルセル)
光源:発光ダイオード(LED)、波長干渉フィルター
吸光度(Abs.):-2 ~ 2
フローセル:光路長10mm、PEEK製
検出部:フォトダイオード
試料導入部 6方切替バルブ、ループ計量方式
恒温槽部 エアーオーブン方式、設定範囲:30~60℃
プリンタ出力 コマンド体系:ESC/POS
接続インターフェース:RS232Cシリアル通信 9600bps
用紙幅:58mm以上
電源 AC100-240V、50-60Hz
消費電力 80VA
動作環境 温度 15~35℃、湿度 25~85%(結露状態を除く)
外形寸法 250L × 200W × 360H mm
重量 約8.5kg

流れ分析装置 機種一覧

測定項目 型式 測定範囲(mg/L)
JIS法 簡易法
シアン FIA-CN 0.005 ~ 2 0.005 ~ 1.5
6価クロム FIA-Cr6+ 0.005 ~ 5 0.005 ~ 5
ふっ素 FIA-F 0.08 ~ 2 0.08 ~ 2
アンモニウム態窒素 FIA-NH4 0.005 ~ 2 0.2 ~ 40
亜硝酸態窒素 FIA-NO2-NO3 0.004 ~ 1 0.004 ~ 1
亜硝酸態窒素 +
硝酸態窒素
0.008 ~ 2 0.008 ~ 2
りん酸態りん FIA-PO4 0.01 ~ 3 0.05 ~ 2