ホーム > 会社情報 > CSR活動

CSR活動

誰でも、簡単に水質を測定することができるパックテストを中心に使い、身近な環境、特に水環境に興味を持っていただけるような学習や実験をサポートしています。

最近の、共立理化学研究所のCSR活動を紹介します。
【2015年度】

第9回 近畿『子どもの水辺』交流会 in 奈良

開催日
2016年1月23日
開催場所
奈良県文化会館
実験テーマ
水のおいしさを調べてみよう!
実施内容
水のおいしさってどこからくるのかな?水のおいしさを調べるもののひとつ「硬度」について、
泡立ちテストとパックテストを使って違いを体験しながら考察しました。
軟水・硬水の違いはどうしてうまれるのか、硬度が違うとなにがかわるのか、参加された生徒さん達は
透明な水にこんな違いがあることに驚いていました。
泡立ち実験では大半の生徒さん達が「硬度が高いといっぱい泡立つ」と予想を立ててくれましたが、
結果は逆。その原因を知ることで驚いたり、水に溶けているものについて関心を示していました。
第9回 近畿『子どもの水辺』交流会 in 奈良

夏休み子ども消費者教室(港区)

開催日
2015年8月4日
開催場所
港区消費者センター
実験テーマ
どんな違いがあるの?水道水とミネラルウォーター
実施内容
見た目が同じ水でも調べてみると色んな違いがあります。
水道水とミネラルウォーター、日本と海外の水、それぞれの違いを味・泡立ち・パックテストを
使って実際に比べてみました。
消費者としてミネラルウォータのラベルに書いてある情報にも目を向け、そこから得られる情報について考察もしました。
親子で参加されている生徒さんが多く、夏休みの自由研究の課題として更に掘り下げたいと興味を
示してくださいました。
夏休み子ども消費者教室(港区)
【2014年度】

第8回 近畿『子どもの水辺』交流会 in 京都

開催日
2015年1月24日
開催場所
京都テルサ
実験テーマ
エンジンがなくても進む不思議な船をつくろう
実施内容
水に浮かべるだけでまっすぐ走ったり、くるくるまわったりする不思議な現象。
水(液体)がもつ「表面張力」という水の分子同士が引っ張り合う力を使った実験をしました。
この水の性質をあっという間に変えてしまうあるものを使って浮かせるだけで動き始める船を
つくりました。
参加された生徒さん達からは、こうしたらどうなるの?スピードは変わるの等、実験をしながら
色々な興味・アイディアが出ていました。
「表面張力」は身近なところでどんなものがあるのか、また有機溶剤や界面活性剤が水の表面張力を
弱くする働きがあるということ等実験を通して関心・興味を持っていただけたと思います。
第8回 近畿『子どもの水辺』交流会 in 京都

夏休み子ども消費者教室(港区)

開催日
2014年7月30日
開催場所
港区消費者センター
実験テーマ
環境を守るために… 今、自分たちにできること
実施内容
水環境を守るために家庭でできることは?をテーマに身近な水について考え、
水が汚れてしまう原因、パックテストCODを水の汚れの指標とした実験、 限られた資源である「水」を
調べる重要性について考察しました。
水の汚れについて、という少し難しいテーマでしたが、実験をしながら「食べ残しを流したら水がこんなに汚れちゃう…」と保護者の方と話し合ったり意見を言ったり、身近な環境に結び付けて考えられるようになる生徒さんが多くみられました。
夏休み子ども消費者教室(港区)
【2013年度】

第7回 近畿『子どもの水辺』交流会 in 滋賀

開催日
2013年11月23日
開催場所
学習船「うみのこ」大型客船「ビアンカ」船上
実験テーマ
ぷかぷか動く魚 ~浮沈子~をつくろう
実施内容
水が入っているボトルをにぎったり離したりすることで、浮いたり沈んだりする不思議な魚「浮沈子」を
作りました。
この現象は「浮力」の働きで起きる現象です。
お魚にフックをつけてボトルの中のリングをとるゲームをしたり、
お魚(浮沈子)の中の空気と水の量が変わるのを実際にみながら実験をしたり、
ボトルをにぎると沈むのにボトルを振っても浮いたままの魚を不思議に思ったり、
重力と浮力の関係に興味を示していた生徒さん達が多くみられました。
第7回 近畿『子どもの水辺』交流会 in 滋賀
【2012年度】

第6回 近畿「子どもの水辺」交流会in大阪

開催日
2013年2月9日
開催場所
ドーンセンター(大阪府立男女共同参画・青少年センター)
実験テーマ
水を使って、インクを分離してみよう
実施内容
いろいろ混ざっているものを、それらの性質の違いを使って分ける方法のことをクロマトグラフィーと
いいます。
今回はコーヒーフィルターを使ったペーパークロマトグラフィーで、水性ペンのインク成分を分ける実験を
しました。
黒色のペンのインク成分を分けてみると、多くの色が混ざっていることがわかりました。
また、同じ黒色のペンでもメーカーによって異なることがわかりました。
思いもしない色が現れたことで、驚いている生徒さんも多く、実験を楽しんでいただきました。
この驚きが、理科に対する興味や関心の向上につながれば嬉しく思います。
第6回 近畿「子どもの水辺」交流会in大阪

教員のための博物館の日 in ひとはく

開催日
2012年8月21日
開催場所
兵庫県立人と自然の博物館
実験テーマ
パックテストで簡単に!全く同じに見える水の違いを比べてみよう
実施内容
コップに入れたフランス産と日本産のミネラルウォーターを飲み比べていただき、味の違いを確認した
後に、パックテスト全硬度を用いてそれぞれ比べました。
見た目はどちらも同じ透明なのに、パックテストの結果では大きな違いが出ました。
水を吸うだけの簡単な操作で、同じに見える水の違いが判ることから、学校の教材や自由研究のテーマに取り入れやすいと評価をいただきました。
教員のための博物館の日 in ひとはく

第9回 身近な水環境の全国一斉調査

開催日
2012年6月3日(日)
開催場所
日本全国各地
実施内容
「身近な水環境の全国一斉調査」は、市民グループと河川管理者などと連携し、毎年6月5日の「環境の日」に近い日曜日に実施しています。
当社は、水質調査項目の中のCODを測定するパックテストを無償で提供しています。
また、当日には、当社社員も会社付近の多摩川の水質調査に参加しています。

2013年6月2日(日)には、第10回 全国一斉調査の実施を予定しています。
身近な水環境の一斉調査 ~笑顔でつなぐゆたかな水辺~

大実験教室展 in 陸前高田

開催日
2012年4月28日
開催場所
陸前高田市立高田小学校
実験テーマ
私たちの「身近な水」を調べよう
実施内容
身近な水を使って、見た目が同じだけれど、物の溶け方により性質が異なる水について、パックテスト®を用いて実験をしました。
見た目に変わりはなくとも、採水された環境や地域によって性質が変わることを知り、測定することの
大切さを伝えました。
大実験教室展 in 陸前高田
【2011年度】

第5回 近畿「子どもの水辺」交流会in兵庫

開催日
2012年2月4日
開催場所
兵庫県立人と自然の博物館
実験テーマ
色々なもののビタミンCを測ってみよう
実施内容
身近な野菜の中のビタミンCの含有量を簡単な弊社製品を用いて実験しました。
「ビタミンC」といえば、レモンやオレンジなどの柑橘類がすぐに思い浮かびますが、実は野菜の中にも
ビタミンCが多く含まれているものがあります。
実験では、レモン果汁・・・・・実験の結果、ビタミンCが多いイメージのレモンよりも、パプリカや、ピーマンの方がビタミンC含有量は多いことがわかりました。
「酸っぱい」=「ビタミンC多い」というイメージが強いと思いますが、イメージとは違う結果が得られ、
子どもから大人まで大勢の方に楽しんでいただくことができました。
第5回 近畿「子どもの水辺」交流会in兵庫

おおた理科はかせ実験教室

開催日
2011年12月13日
開催場所
大田区立出雲小学校
実験テーマ
水のおいしさってどこから来るの?身近な水を色の違いで調べてみよう!
実施内容
市販のミネラルウォーターの違いを、味、石けんの泡立ち、パックテストとさまざまな視点から比べ、
ミネラルウォーターそれぞれの硬度が違う理由を考えてもらいました。
石けんが泡立ちにくい水にはどんな特徴があるのか、飲みやすい水はどんな水なのか、実験を楽しみ
ながら「化学」に対する認識を深めてもらうことができました。
おおた理科はかせ実験教室